お金の問題で法律にかかわる悩み

Hot Topics
お金の問題で法律にかかわる悩み

お金は日常生活を送る上で、どうしても必要となるものです

● 31歳 女性
お金は日常生活を送る上で、どうしても必要となるものです。
働いて得た収入で生活が出来ると良いのですが、不足の事態が発生することで、そのお金が足りなくなることもあります。
そこで、お金を人や消費者金融から借りる人も居ます。この場合、民法上では、金銭消費貸借契約を結ぶこととなり、法律上の債務として借主には、金銭の返還義務が発生します。また、返済時には元本分の金銭に加えて、契約時に約束した約定利息か、法定利息を付して返済しなければなりません。
そして、一括して返済をすることが可能となる場合は良いのですが、一度に借りた金額を用意できない場合には、分割して返済することもあるかもしれません。その際によく問題になるのが、返済した金額が元本分に充当されるか、利息分に充当されるかです。
利息分に充当されるとなると、いつまでも元本分の返済にたどり着けず、利息を払い過ぎてしまう場合があります。
そこで、本来であれば支払う必要のなかった、払い過ぎた利息を取り戻したいと悩む人がおり、最近では裁判が多くされています。